ビフィズス菌と乳酸菌の違い

「ビフィズス菌=乳酸菌」と思っている人も多いのではないでしょうか? しかし、分類学的にも菌の性質も異なります。 ビフィズス菌も乳酸菌も、人間の腸の中に存在する善玉菌です。 どちらも、ヨーグルトや乳酸菌製品などに使われていて、整腸作用という面では同じ働きを持つため、広い意味で「ビフィズス菌は、乳酸菌の一種」とされることもあります。 しかし、生物学的な分類では、ビフィズス菌と…

続きを読む

オリゴ糖の種類と特徴

オリゴ糖にはいろいろな種類があるのですが、基本的に小腸などで吸収されてしまう消化性のものと、消化されずに大腸まで届く【難消化性のオリゴ糖】があります。 特定保健用食品やサプリメントに使用されるなど、健康や美容の面で注目を集め話題になっているのが、整腸作用があり腸内環境を整える効果があるといわれている【難消化性オリゴ糖】です。 代表的な難消化性オリゴ糖 フラクトオリゴ糖 …

続きを読む

オリゴ糖はビフィズス菌などの餌になる

オリゴ糖のうち砂糖、ブドウ糖、果糖などは、小腸で消化吸収されて、大腸には到達しません。 特定保険用食品として「オリゴ糖」と呼ばれているものは、人の消化酵素ではほとんど消化されず、大腸に棲息しているビフィズス菌などの餌になります。 そして、その代謝産物として酢酸や乳酸などの有機酸が生成されます。 大腸でビフィズス菌などの善玉菌が増殖すると、乳酸、酢酸などを盛んに産生して腸内を酸性…

続きを読む

日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。
オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。