腸内細菌と健康の関係

腸内細菌1


私たちの腸の中には、数百種類、数百兆個以上の細菌がすんでいると言われています。


人の身体に良い影響を及ぼす善玉菌や、腐敗産物などを作り出す悪玉菌、まだ生理機能がよく分かっていない菌が常にせめぎあってバランスをとった状態を保っています。


ところが、不規則な生活やストレス、加齢、抗生物質の服用、脂肪の多い食事などによって、ある日突然、あるいは徐々にバランスを崩してしまいます。


近年では腸内細菌はいろいろな疾病に関係していることが次々と明らかにされており、腸内細菌叢をバランスよく保つことが健康のカギとも考えられています。


 





 


我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しております。


 


そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。


 


したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。