オリゴ糖の種類と特徴

オリゴ糖にはいろいろな種類があるのですが、基本的に小腸などで吸収されてしまう消化性のものと、消化されずに大腸まで届く【難消化性のオリゴ糖】があります。

特定保健用食品やサプリメントに使用されるなど、健康や美容の面で注目を集め話題になっているのが、整腸作用があり腸内環境を整える効果があるといわれている【難消化性オリゴ糖】です。

オリゴ糖1.png


代表的な難消化性オリゴ糖

フラクトオリゴ糖
ゴボウやタマネギなどの野菜に含まれている糖で、くせがなく、まろやかな甘さが特徴です。
善玉菌を増殖させて腸内環境を整える他、ミネラルの吸収促進、骨密度の低下を抑制するなどの効能があります。

キシロオリゴ糖
食物繊維を特別な酵素で分解して作られた、低カロリーで虫歯の原因なりにくいオリゴ糖です。
少量でも継続して摂取するとビフィズス菌の育成を促進して腸内環境を改善するといった効能があります。

大豆オリゴ糖
天然の大豆をもとに分離・精製して作られています。
腸内のビフィズス菌を増加促進させ、整腸作用により便通を改善したり、免疫力を向上させる効能があります。

ガラクトオリゴ糖
母乳に多く含まれているオリゴ糖でさわやかな甘みを特徴とし、健康食品などでは乳糖(ラクトース)を原料に生産されています。
腸内のビフィズス菌の増殖を促進させ他、たんぱく質の消化吸収を助けるといった効能があります。

イソマルトオリゴ糖
熱や酸に対して極めて強い性質であり、虫歯になりにくいといった特徴があります。
ビフィズス菌や乳酸菌といった有用菌を活性化させ、腸内環境を良好に保つ効能があります。

乳果オリゴ糖
ラクトスクロースとも呼ばれ、天然のサトウキビに含まれるショ糖と牛乳に含まれる乳糖を原料にして生まれたオリゴ糖です。
砂糖に近い自然の甘味が特徴とし、難消化性で高いビフィズス菌増殖機能を持っています。

ラフィノース
ビート(砂糖大根)から分離・精製して作られる天然のオリゴ糖で、全く吸湿性がないといった特徴があります。
腸内菌叢改善・整腸作用があり、免疫力の向上やアレルギー症状の緩和などといった効能があります。



我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しております。

そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。

したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。


日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。
オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。