オリゴ糖を飲むと下痢になってしまう?その原因と対処法

便秘の人に人気のオリゴ糖ですが、
「お腹がゴロゴロする」「下痢になった」なんて経験をした人も多いのではないでしょうか。

カロリーも低くダイエットや健康の強い味方でもあるオリゴ糖ですが、実は下痢を引き起こしてしまう可能性もあります。

そこで今回はなぜオリゴ糖を飲むと下痢になってしまうのか、その原因と対処法について詳しくご紹介します。


原因1…オリゴ糖の摂り過ぎ

飲み物に入れたり料理に使ったりと様々な活用方法があるオリゴ糖ですが、
実は1日に推奨されている摂取量が決まっています。

あれもこれもと砂糖の代わりに使っていると、気付かない内に過剰摂取気味になってしまうでしょう。

本来であれば大腸まで届き善玉菌の餌になりますが、
過剰摂取により餌にならずに残った分は吸収されることなく排出されます。

このときに便を柔らかくして下痢を引き起こしてしまうんです。


オリゴ糖の正しい摂取量は、天然粉末の場合、大人は1日3~5g。
子供は約半分の1.5g~2.5gと言われています。
その日の体調を見ながら、自分で調整することが大切です。


原因2…体質が合わない

乳糖不耐症の人は、牛乳などに含まれている乳糖を分解できないことで、
下痢を起こしてしまうことがあります。



我々の体内には、ビフィズス菌を始めとする30種類以上の善玉菌が棲息しております。

そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。

したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。


下痢にならないための対処法とは?

「オリゴ糖で下痢になってしまった」というケースの大半はオリゴ糖の摂り過ぎが原因ですので、摂取量を見直しましょう。

この記事へのコメント

日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。
オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。