オリゴ糖を無理なく食事に取り入れましょう

オリゴ糖を無理なく食事に取り入れましょう

オリゴ糖を無理なく摂取するには「砂糖代わりに使う」
というのがもっとも手軽でおすすめです。

コーヒーや紅茶などに入れる人も多いですが、他にもおすすめの方法がありますよ。


日々の食事にオリゴ糖を!

オリゴ糖を無理なく摂取するために
おすすめの方法のひとつとして、

「日々の食事を作る際に、オリゴ糖を使う」
というのがあります。

というのも、オリゴ糖はかなり
「料理に使いやすい甘味料」なんですよね。


オススメのオリゴ糖はこれです!




我々の体内には、ビフィズス菌を始めとする30種類以上の善玉菌が棲息しております。

そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。

したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。


オリゴ糖はその多くが、
「砂糖と同じくらいか、あるいはそれ以上に熱に対して強く、安定性を持っている」
という特徴があります。

つまり、加熱する料理に使っても味が変わらず、糖度も落ちないということです。
だからこそ、料理においても「砂糖の代わり」が果たせるんですよ。

これに対して他の甘味料の中には、熱に弱いものもあります。
たとえば果糖や、人工甘味料のアスパルテームなどがそれにあたりますね。

料理でどんなふうにオリゴ糖を使う?


では、具体的に、料理をする中でどのようにオリゴ糖を使っていけばいいのかというと。

まずは、ごく普通に砂糖の代わりに使う、という方法。
オリゴ糖は砂糖より甘みが弱いので「砂糖より少し多い量」を目安に使うといいでしょう。

また、みりんを使う料理にも、オリゴ糖は活用できます。
オリゴ糖と料理酒を足せば、みりんに結構近い味が出せますよ。

砂糖・みりんを使うメニューは、特に煮物系に多いはずですので、
「煮物にはオリゴ糖を使う」というのを徹底するだけでも、摂取量は違ってきますね。

ご飯炊きにもオリゴ糖!
無理なく、食事でオリゴ糖を摂取する方法としてもうひとつおすすめなのが、

「お米を炊く時に、オリゴ糖を入れる」という方法です。

ポイントは
「炊飯器に水を入れる際、オリゴ糖をよく混ぜて、
完全に溶かしてから入れる」こと。


それさえ守ればあとは、
普通に炊飯するだけでOKです。

オリゴ糖のやさしい甘みがご飯のおいしさを引き立ててくれるので、
味の面でもメリットが大きいですよ。

3食の食事にオリゴ糖を入れよう

食事でオリゴ糖を摂取する時の最大のポイントは、
「夕食時だけにオリゴ糖を大量摂取する」などということはせず、
できるかぎり「少量ずつでも、3食の食事すべてにオリゴ糖を入れる」ということ。


ビフィズス菌にとっても、一度に大量のエサがくるより、回数を分けてエサをもらえたほうが、
食べきることができて無駄にならないというわけです。


また、体質によってはオリゴ糖を多く摂取しすぎるとおなかがゆるくなることもあるので
「食事の糖分のすべてをオリゴ糖に変える」というほど極端なことをする必要もありません。

「3食いずれも、どれかひとつのおかず、またはご飯にオリゴ糖を使う」
という感じで考えておくといいですよ。

この記事へのコメント

日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。
オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。