ビフィズス菌は乳酸菌ではありません

今、ヨーグルトブームであり、乳酸菌サプリもたくさん販売されております。
勿論、ヨーグルトも乳酸菌サプリも健康増進効果があると思います。

 

ただ、宣伝文句だけから「ビフィズス菌=乳酸菌」と勘違いされている方がいるかもしれないので、「ビフィズスと乳酸菌の違い」をまとめてみました。

 


ビフィズス菌と乳酸菌は、生物学的分類では菌の性質が異なり別物です。
ビフィズス菌も乳酸菌も、人間の腸の中に存在する善玉菌です。
どちらもヨーグルトや乳酸菌製品などに使われていて、
整腸作用という面では同じ働きを持つため、
広い意味で「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」とされることもあります。

 


しかし、生物学的な分類では、ビフィズス菌と乳酸菌は違うものなのです。

 

ビフィズス菌2.png

ビフィズス菌とは
ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出す細菌で、生物学上の菌属は「ビフィドバクテリウム」です。
① 人間の腸内に存在するビフィズス菌の数は?
ビフィズス菌は、私たちの腸内に棲む善玉菌の99.9%を占め、その数は乳酸菌の約100~1万倍にあたる1兆~10兆個といわれています。
② ビフィズス菌の形は? Y字やV字型に分岐した独特の形状をしています。
この形から、ラテン語で「分岐」という意味を持つ「ビフィズス」の名前が付けられました。
③ 生息する場所は?
主に人や動物の腸内に生息しています。
酸素があると生育できない「偏性嫌気性」という性質を持ち、乳酸菌のように自然界で幅広く生息することはできません。
④ ビフィズス菌が作り出すものは?
糖を分解して乳酸を作り出します。
また、乳酸菌と大きく違うのは、強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB群、葉酸を作り出す点です。

 

 

乳酸菌1.png

 


乳酸菌とは
乳酸菌とは、乳酸を作り出して身体によい働きをする細菌の総称で、生物学上の分類である菌属としては「ラクトバチルス(乳酸桿菌)」「ラクトコッカス(乳酸球菌)」などになります。
腸内では、主にビフィズス菌のサポート役となり、ビフィズス菌が生息しやすい環境をつくる役割を担っています。
① 人間の腸内に存在する乳酸菌の数は?
腸内に棲む乳酸菌の数は、善玉菌の0.1%以下にあたる1億~1000億個です。
これは、ビフィズス菌の1万分の1~100分の1の少なさです。

② 乳酸菌の形は?
球状の乳酸球菌と、棒状の乳酸桿菌とがあります。
③ 生息する場所は?
人や動物の腸内のほか、牛乳や乳製品、漬け物などの発酵食品にも見られます。
酸素(空気)があっても生育できる「通性嫌気性」という性質を持ち、ビフィズス菌と異なり自然界に広く生息しています。
④ 乳酸菌が作り出すものは?
糖を分解して、乳酸を作り出します。

 

乳酸菌であると定義される1つの条件は、

「糖(グルコース)を分解して作る代謝物の50%以上が乳酸であること」

です。
対して、ビフィズス菌も糖から乳酸を作り出しますが、

乳酸以上に酢酸を作り出しますから、

厳密には「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」とは言えません。

 

 

次に、腸内細菌と免疫の関係を説明させていただきます。

 

腸内細菌と免疫.png

免疫系は腸内細菌の手助けへの返礼として、
同じ細菌である病原菌やウィルスは敵として殺しても、
腸内細菌とは平和的に共存をしております。
まさに、この友好関係は生命の神秘ともいうべき現象です。

 

免疫系は自分に望ましい細菌だけを腸内に共生させていますが、
この腸内フローラ(腸内細菌叢)が理想的なあり方からはずれると、
免疫系の異常をもたらし病気を起こします。

 

腸内細菌が病気になると、私たちも病気になるのです。
腸内細菌に元気でいてもらわなければ困ります。

 

腸内細菌を元気にする方法の一つが最近の驚異的なヨーグルトブームであり、
腸内細菌から見つかったプロバイオティクスの素晴らしい作用を多くの人が認めた結果です。

しかしながら、経口摂取したプロバイオティクスは、
腸内に棲息する腸内細菌と同一のものであっても、
小腸や大腸まで到達することができず、
万一到達できても腸内に定着することができないという研究報告が多数あります。

 

ところで、腸内細菌の善玉菌(有益菌)を増殖・活性化する難消化性食品成分を
プレバイオティクスと呼んでいます。
代表例としては、オリゴ糖や食物繊維などが挙げられます。

オリゴ糖などのプレバイオティクスを摂取すれば、
腸内に棲む善玉菌を増殖・活性化することにより腸内環境を改善できるというわけです。

 

我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しており、上述のとおりその99.9%がビフィズス菌です。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。
したがって、オリゴ糖を摂取することで体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。

 

オリゴ糖製品は多数市販されているのですが、私がお勧めするのはカイテキオリゴです。

なお、店頭などでもよく見かける「シロップ状のオリゴ糖」は、もっぱら甘味料として用いられているもので、「善玉菌をサポートする」効果は少ないです。

 


日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。


オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。

『カイテキオリゴ』
日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。
オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。
口コミで日本一売れている噂のオリゴ糖です。